韓国語学習支援サイト 

日録・回答・お知らせ TOP

 管理者による日録(朝鮮語関連のトピック、その他)と、ご質問やお問い合わせへの回答、当サイトからのお知らせを随時掲載しています。
 日録と申しましても、単なる日記ではございません。朝鮮語に関わりがあることに限った日々の出来事をお伝えすることで、弊サイトをご覧になる皆様が朝鮮語にお触れになることができることを目的とした日録です。ものすごく大変なことです。手間がかかっておりますので、お楽しみください。

※最新の日録を表示しています。

2019.04.05(金)
 二十四節気というものがありますでしょう?
休みの日に指定されている「春分」「秋分」や、天気予報などで慣用的に使われる「暦の上ではもう春(秋)ですがまだまだ寒い(暑い)ですね」と使われたりもする「立春」「立秋」などは馴染みがありますが、それ以外はどうでしょう。管理者は、言われたら、ああ、そんなのもあるね、という気になる程度です。

 それでも24個でワンセットの語彙群ですから、弊サイト開設当初から作ってきた 9×9朝鮮語クロスワードパズル でもポツポツと標題として取り上げてきました。
節気が近づくと、次は立春、その次は雨水、啓蟄、というふうにパズル標題として取り上げてきたのですが、なぜかパズルにしないでほったらかしになっている節気もあります。
本日(2019年4月5日)現在では下記のような状態です。


 こうして一覧にしてみて、ふと気づきました。
日本では「啓蟄」ですよね。韓国では「驚蟄 [ 경칩 ] 」とすることが一般的です。なぜ「啓蟄」としたかですが、おそらくは管理者は日本の習慣に引っ張られてしまったのではないかと思います。そのうち「驚蟄」で作り直してみます。

 それにしても、順番通りに作成していませんし、飛び飛びですし、直近で二十四節気を標題にしたのが十年以上前の2008年2月27日の立春というのも我ながら呆れてしまいますし、まだ五つも残ってますね。どうすんだ、これ。良くも悪くもテンションを上げすぎないようにサイトを運営しているからこうして続いているのだと、自分を慰めておきます。

 ちなみに二十四節気は陰暦を基準にしていますから日付は毎年異なります。また、上記の作成日は必ずしもその節気と一致していません。
二十四節気については管理者は 国立天文台 暦計算室 を参考にしています。

 ということで、今日は清明。十年以上ぶりに二十四節気のクロスワードパズルをアップしました。
じつは、この「清明」のクロスワードパズル原稿は2015年に既に作ってあったものです。紙に手書きだったり、ワープロソフトに入力してプリントアウトしたり、管理者のデータ管理はおもに紙媒体です。よく紛失しなかったものですね。
四年も放置したのには特に理由は無く、ただタイミングが合わなかった、忙しかった、やる気が出なかったのだと思われます。自分でもよく覚えていません。何でだろう?
それでもこうしてアップできてちょっと安心しました。久しぶりに墓参りに行ったような気持ちです。
そういえば、中華圏では清明はお墓参りの日でもあるんだそうです。台湾は休日になっています。
韓国でも4月5日は 식목일 [ 植木日 ] という記念日で、清明と直接の関連はありませんが、2005年までは休日でした。

 管理者の心づもりでは、 9×9朝鮮語クロスワードパズル を一〇〇〇個作ってみたいと思っています。今日の「清明」で90個です。あと910個、いけますかね。本気ですか、管理者。


※これ以外の記事は各年度のボタンをクリックまたはタップして各年度のページにお入りください。
初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語