韓国語学習支援サイト 

2008年 日録
*お問い合わせへの返事もここで行います。
2008.12.31(木)
 일본에서 말하는 '明日'은 '밝은 날', 한국에서 말하는 '내일'은 '올 날 / 와줄 날 / 와야 할 날' 쯤으로 풀이될 것 같습니다.
한・일 양쪽 모두 내일로 향한 기대감이 담긴 아름다운 말입니다.
오늘은 대그믐. 내일부터 시작되는 새해를 맞이하는 데 분주하시기도 하겠습니다.
올해에도 이 사이트를 사랑해 주신 여러분께 감사하며 간단하나마 대그믐 인사를 드리고자 합니다.
백선기 배상

 日本語で「明日」は「明るい日」、朝鮮語の‘ 내일 ’は「来るべき日」くらいの意味でしょうか。
日朝どちらも、明日への期待がこもった良い言葉です。
本日は大晦日、대그믐。明日から始まる新しい年を迎えるために何かと慌ただしくもありましょう。
今年も弊サイトをご愛顧くださった皆様へ感謝しつつ、大晦日のご挨拶を差し上げます。
「初級までの朝鮮語・初級から先の朝鮮語」 管理者 白宣基 敬白
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「けいはく」とひらがなを入力して漢字に変換しようとすると、なぜかきまって「軽薄」と変換される。見透かされている気がしてならない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 それでは皆さん、良いお年を。また、年と日がかわった明日お目もじ致します。



2008.12.30(火)
 漢字はお好きでしょう? 好きと嫌いにかかわらずお付き合いしていかざるを得ないのが漢字。朝鮮語はご存知のとおり漢字語がやたらに多いわけです。漢字の音読みを朝鮮語でできれば、漢字語に関してはかなりの線まで知っている語彙を増やすことが可能ですね。そうなるといいなと切に思うのです。と、5月7日の日録と同じ出だしです。
本日は(本日も)、「使い勝手がいまひとつ」ということで一部で評判になっていた  한글 de 漢字 についてのお知らせです。

漢字の朝鮮語読み入力初期画面
漢字の朝鮮語読み入力初期画面

漢字の朝鮮語読み入力:間違い(赤)
読みを間違っても確認ボタンで正解を見ることができます

漢字の朝鮮語読み入力:正解(青)
正解の場合もきちんと確認できます
 「ランダムに表示される漢字の朝鮮語読みを延々と入力」するという、何が楽しいのか管理者でさえよくわからないコンテンツがあります。これまでは入力した朝鮮語読みが合っていれば‘ OK ’、 違っていれば‘ NG ’という表示がなされるだけで、実にやり甲斐のないものでした。
この度その点を改善いたしました。確認ボタンをクリックすると、きちんと正解が表示されるようになったのです。……なったのです、って。当たり前のことですが。しかしながら、これもひとえに「使い勝手がいまひとつ」とのご指摘を賜ったればこそ。ありがたいことです。ひとつ遊んでやってください。漢字と。
以上お知らせでした。



 


2008.12.27(土)
表札
管理者の表札(工房HANA 製)
 さて表札 문패 [ 門牌 ] の件だが左のようなものが出来上がった。
ネット、ホームセンター、駅ナカなどの靴直しとか合い鍵作ってくれるところでも表札を注文することはできた。しかしどうしてもハングル文字を入れたかったので、ああだこうだと探していたら遅くなってしまったのだ。
なぜに表札かといえば、管理者は引っ越ししたのである。貸家だが。昨日のクロスワードパズルも、だからテーマは引っ越しだ。どうりで、弊サイトもさっぱり更新されなかったわけである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 実寸は 15cm × 15cm くらい。テラコッタ製。(だと管理者は思っているが、こういう場合違っていることが多い)
この素敵な表札を作ってくださったのは 工房HANA 様。どうもありがとうございます。大事に使っております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ハングル入れて欲しいなどという面倒な注文にも、笑顔で迅速に対応してくださった。出来映えもとても素晴らしい。右下に不自然な色塗りがあるのは、管理者が写真を加工して住所を隠したからである。
「まあ、ハングル文字の入った表札なんてステキだわ。わたしもほしい」という方がいらっしゃったら、管理者の家には来ないで、工房HANA 様にご注文されたし。ただし Illustrator のデータをアウトライン処理する必要あり。詳しくはサイトへどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 表札を盗んで受験合格祈願するのはいいとして、それは他のところでやってくださいね。朝鮮でも似た話を聞いたことがあるが、メジャーなやり方としては、目指す学校の正門なりに掛かっている表札に餅だか飴だかをべたっとくっつけるのだそうな。これは表札ではなく看板ですね。ともかく、その餅なり飴なりは後で食う、と。衛生的ではないが、なにしろ‘付ける’という動詞は 붙이다 、‘付く’ならば 붙다 。何が、なにしろかと言えば「試験に受かる」ことを「 시험에 붙다 」と表現するのが朝鮮語。単なる合格より、いかにもくっつきそうというか受かりそうではないか。そんなもの食って腹こわしてる間に勉強しろなどとやかましく言わず、腹薬などを用意してこその思いやりだ。管理者はいつもこういう間違った思いやり方をするから知り合いが少ないのかな、とも思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 歳末であるので街頭募金などをしているのではないだろうか。でなくとも防寒にはくれぐれも。



2008.12.25(木)
 朝鮮語で‘メリークリスマス’は何と言うのですか、と質問されることがたまにある。たいていクリスマスシーズンなのが不思議だ。当たり前だが。‘メリークリスマス’は朝鮮語でも‘ 메리 크리스마스 ’ですよ、と答えざるを得ず、納得してくれない人も時々いる。そう言われてもどうしようもないのである。
そういうわけで、みなさん 메리 크리스마스.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 殊勝げにクリスマスがメリーですね、などと言っているが管理者にクリスマスを祝う習慣は無い。祝う人をくさす趣味もないので、毎年この日は心穏やかにケーキを食べることにしている。甘いものをめったに口にしないので、たまに食べると美味しいからだ。授業も冬休みに入り、穏やかな気持ちには拍車がかかり、何もしない禁治産者的生活を謳歌するのも、この時期特有の楽しみ方である。ビールなどをたしなみつつ日々を過ごすわけであり、いい加減にしないと真っ赤なお鼻のトナカイさんになるので気をつけたい。あのトナカイの名はたしかルドルフというのではなかったか。朝鮮語では(そもそも朝鮮語ではないが)르돌프 사슴 である。ははあ、トナカイも鹿 사슴 でいけちゃうんだなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 乗り物酔いにはトラベルミン、切り傷や擦り傷にはバンドエイド(管理者の出身地ではカットバンと呼ぶ人も多かった)。
先日、韓国土産として韓国の乗り物酔いの薬と、傷保護テープをいただいたのでお目にかけたい。スキャンが下手くそですみません。もっと細かいところまで見たいという方は是非とも現物の入手を。


 管理者の感想としては、키미테 1400ウォンはお値頃だな、というものだ。とても嬉しいお土産だ。お、スコポラミンですね。医療関係者によると日本では市販の薬には使っちゃだめなんだそうである。効能書きに「あんまりたくさん貼りすぎると(管理者註:キミテは耳の下に貼って薬効成分を皮下吸収するパッチタイプの薬である)虹彩が開いちゃったりします」という意味の注意が書いてあった。赤い鼻もあれだが、虹彩が開いちゃってキラキラの瞳になるのも困るので管理者は雄々しく乗り物酔いに耐えようと思う。
대일밴드 の方だが、대일精密工業の製造、대일化学工業の販売ということでストレートなネーミングには説得力がある。以前に毎日新聞で、地域によって同じ製品をどう読んでいるかの分布図などの特集がシリーズで連載されていた。同じ傷保護テープでもいろいろだなあと面白く読んだ覚えがある。そこへいくと韓国の場合はほぼ 99%、대이밴드 できまりではなかろうか。あるのかな、他社の製品。あるんだろうな、管理者が知らないだけで。もし韓国に行かれる方がいらっしゃって、もし管理者にお土産をくださろうというなら 대일밴드 じゃない傷保護テープがいいです。自分で買えばいいんですが。それにしても 대일 の漢字表記が気になる。‘大一’なんだろうと思うが、傷保護テープだけに、‘帯一’だったりする可能性も捨てきれない。



2008.11.12(水)
 いつも何かを忘れつつ日々を送る管理者だが、何かお知らせを忘れていると思いながら、それが何だったか思い出せないまま今日に至り、何だったか思い出した。バザーと特別プログラムだ。いずれも旬日と言うか目前に迫っているので、お知らせなどと飾ったことは言わず、ずばり宣伝である。管理者の職場のひとつである 韓国YMCA 韓国語講座 のイベントでありプログラムであるので、何も告知しないのでは何となく外聞がよろしくない。
まずバザーである。来る11月15日(土)の午前11時から午後3時、こぢんまりながらも盛りだくさんの内容で開かれる。……ずいぶんそっけない紹介だ。何かあったような……。ああ、そうだ。航空券が当たるそうだ。大韓航空様ご提供の成田ソウル往復航空券(ただし一人分)。管理者も場所塞ぎとして会場の受付に座っているので、朝鮮語の学習で悩んでいる方などがいらしたら相談に乗りますので、ひとつ。詳しくは 在日本韓国YMCA 「Y ・ 와이 フェスティバル」 のページ(PDFファイル)をご参照されたし。
そして特別プログラム。当該団体で隔月くらいのペースで韓国語講座の特プロを打っている。通常のクラスでは突っ込みきれない、深い内容を取り上げて、これでもかと受講生を絞り上げて(搾取ではない)朝鮮語のカンを養っていただこうという主旨だ。詳細は 在日本韓国YMCA 韓国語講座 2008年11月の特別プログラム のページをご覧くださるよう謹んでご案内する次第。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 表札を一つ作ってみたいと思っている。朝鮮語では 문패 [ 門牌 ] と言う。
最近ではあまり聞かないが、日本でも韓国でも、受験生が有名人の表札を失敬するという麗しき習慣がある。表札盗ってどうするんだ、合格不合格いずれの場合でも受験が終わったら処理に困るだろうと思うが、受験生の心情を慮れば、有名人たるもの表札のストックを十枚二十枚と備えておかねばならないだろう。
管理者は有名人ではないのでそういう心配はしなくていいので安心だ。ところで、ネットで調べてみると表札って高いんですな。家の顔だもの、ちゃちなものじゃいけません、みたいなこと言われると、うん、そうか、一発はりこむかな、と思うのも人情だが。かくなる上は自分で作ってみたいものの、猿と競うくらいに卓越した器用さを誇る管理者だ。誰か作ってはくれまいか。いやいや、下手にお願いして本当に作ってくださるという奇特な方が現れたら困るので、待て続報しばし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 上の方で特別プログラムがどうのこうのと書いていて思い出した。そういえば学生時代に朝鮮語で劇をやったことがある。文化祭の出し物である。演目は朝鮮が誇る名花、永遠のヒロイン春香を扱った、ずばり『春香伝 춘향전 』。管理者はシナリオと端役担当だった。シナリオと言っても、今と違って簡単にネットでダウンロードできる時代ではない。管理者はいったい何歳なのか。それはさておき、仕方ないので、数本手に入った『春香伝』の映画を参考にして頑張ったわけである。どう頑張ったかと言うと、聞き取り、かつ、書き取ったわけである。完璧に書き取れるわけはないが、それでも朝鮮語の台詞をハングル文字にしてみるという作業を通して、ある種の自信が付いた、と今にして思う。おおげさに言えば、その時のお釣りで今があるとすら言える。
今回紹介した特別プログラムの中に「ドラマ徹底解剖」というものがある。文字どおり徹底的に書き取って、字幕に頼らない台詞を楽しんでみよう、ドラマの背景も解説しようという内容だ。こういう正攻法の授業はあるようでいて案外無い。準備に手間がかかるからである。いい機会なので、これは真面目にお勧めである。真面目に? では今までは真面目ではなかったのか。そうおっしゃられましても。



2008.10.14(水)
 使える朝鮮語に 개나소나 というものを追加した。猫も杓子も、誰でも彼でも、味噌も糞もいっしょくたに、という意味であると説明をつけてみた。そっちで書き漏らしたことがあるのでこっちに書いておく。時事ネタなのでこの欄の方がいいかな、と。
 管理者の副業であり本業である翻訳の仕事で、観てもいないのにドラマや映画のレビューを訳すというのがある。『 거침없이 하이킥 』(思いっきりハイキック!)なるドラマの劇中歌に「 사랑은 개나소나 」というのがあるんだそうな。参考までに歌詞を挙げると「 사랑은 개나소나 다 한다지만 나는 개소만 못한 바보야 」。無理に直訳すれば「犬だって牛だって恋をすると言うけれど、僕(私)は犬や牛にも劣る愚か者」となろう。聞いた人の話によれば「妙に頭に残るメロディ」だそうだ。記事しか見ていないので、どう頭に残るのかわからない。
このご時世、ネットで簡単に動画をダウンロードできたりするわけで、何なら動画をチェックすればいいのだが、哀しいかな管理者のコンピュータは既に六年落ちの 중고품 中古品だ。見られないサイト、見られない動画がたくさんあり、かくなる上は自分で勝手にメロディを作って勝手に頭に残らせるよりほかあるまい。♪ふんにゃかにゃ〜。あ、残った。……自分が不憫になってきたが、どうしたものか。素人は真似などなさらないほうが無難でしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 秋は新学期の季節でもある。10月開講、あるいは年度の後期開始ということで、気分一新、爽やかな気候とあいまって勉学の意思と怠け心もさらに高まろうというものだ。高まった勉学心は勉強すれば昇華して消化されようが、高まった怠け心はどうしたものか、自分は犬にも牛にも劣る愚か者だ、とお悩みになる前に管理者にご相談ください。怠ける暇も無いほど課題をお出しします。何のことはない、朝鮮語でクロスワードパズル作って応募してくださいねってことだが。賞品の食事券で食欲を満たすのもまた秋の一興。



2008.10.07(水)
 가을은 남자의 계절입니다. 秋は男の季節です。
いきなり何を言っているのか。いったいどうしたのか、と訝しむのも当然です。
何とも確言はいたしかねますが、秋という季節に対するイメージのひとつに、「誰か(あるいは誰でもいいから)女の人がそばにいてくれるといいなあと男が思う季節」というものがあります。朝鮮ではそうです。へええ。若干うろ覚えですが、「 가을에는 총각 바람이 불고 오뉴월에는 처녀 바람이 분다. 秋は男の風が吹き、五月や六月には女の風が吹く」という諺?もあります。この場合の男・女は、結婚前の人のことですから、何と申しましょうか、さかりのつく季節が男女では異なるということでしょうか。ことに男の場合、それが秋である、と。冒頭のフレーズは、「人恋しい季節になりました。秋は何かしら物悲しいですね」くらいの時候の挨拶として使われるものです。やはり男性の書き手が使う表現かなあという気もしますが、どうなんでしょうね、そこらへん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 管理者が人恋しいかどうかはひとまずおく。そっとしておいてほしい。今日は休みの日なのにばかに早く目が覚めたので、なぜか作っていなかったⅡ'-니까 を作って 語尾一覧 に追加してみた。ああよかった。作れば作ったで、どんどん派生して作るものが増えてくる。せっついてくださると作りますので、せっついてくださるとありがたいです。つんつん、と。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ここ何ヶ月か、忙しいというのではないが、こちらのサイトまで手がまわらないことが多かった。顔も名前も知らない韓国の俳優女優さんの記事の翻訳という副業も少しずつだが増えたし(ありがたいことだ。しかし訳した端から中味を忘れてしまう)、管理者の職場のひとつである 韓国YMCA 韓国語講座 でやっている特別プログラムの準備など、あれこれあったこともある。宣伝ではないが、せっかくなので紹介しておくと、来月11月の特別プログラムは「作文のテクニック」「翻訳のカンどころ」「ドラマ徹底解剖」「間接話法の要訣」の四本だ。いかにもいかがわしくキャッチーなタイトル。こういうタイトルも管理者が考える。いかがわしいのはタイトルだけなので、よろしかったら当該団体のサイトの方をご覧になられたし。こういうのをほぼ毎月考えて広告打ったりしていたわけである。管理者向きの仕事ではないような気もする。つんつんとせっつかれての仕事はどうも、ちょっと。……あれ?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 こう、ぱっとした面白い朝鮮語があったような気がするのだが……、ああ、思い出した。面白くはないが、訳した記事に 쌈짱 という言葉が出て来た。造語である。辞書には出ていない。쌈 は「 싸움 喧嘩」が縮まったもの、짱 は「最高、一番」くらいの意味。何とかいう俳優さんが何とかいう映画だかドラマだかの役作りで、喧嘩っ早くて、おまけに強い、という設定がどうのこうの、という文脈に出ていたものだ。何と訳したものかなあと考えた結果、「ケンカ番長」と訳してみた。我ながら訳し方がちょっと古くさい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ブリのかま焼き。大根おろしとシラス。根菜の煮物。やっぱり、あれだな。やっぱり嬉しいな。



2008.09.16(火)
 宮さん 様、オリジナル朝鮮語クロスワードパズルにご応募くださいましてありがとうございます。
  → 宮さん様のクロスワード 
弊サイトをご覧になっている多くの方々にとっていろいろな意味での励みになると思います。ご応募くださいましたパズルは本日弊サイトに掲載させていただきました。お食事券も是非ご利用ください。二作目、三作目もお待ち申し上げております。ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ああ世は夢か、幻か。いえ、別に少年の臀部を切り取っていたとか、そういうことではありません。五、六、七、八、ええと九月、四ヶ月ぶりにご挨拶申し上げます。弊サイトもこのまま終わるんじゃないかと他人事のように心配していました。他人事ではありませんね。
上段でお知らせいたしましたとおり、朝鮮語クロスワードパズルにご応募くださいました実に奇特な方がいらっしゃるわけです。一人いれば十人はいるはず。十人いれば百人(中略)、そういう方のためにも怠けていてはいけませんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 怠けていたのではないのである。管理者の職場のひとつである韓国YMCA での仕事が忙しかったのである。忙しい方が多方面においてダイナミックに何でもできるという向きもあろう。管理者ももともとはそのタイプだ。ところが、なかなかそうはいかないもので、世の中はままならないものである。もしかしたらそういうタイプではないのかもしれない。忙しいとは言うものの、人が見れば“何だかのんびりしている”ようにしか見えなかったかと思うと痛快至極だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 弊サイトを本来の意味でレファレンスのお役に立てようとしてくださる方もいらっしゃることが判明した。ありがたいことだ。先日「どうして 語尾一覧 にⅡ'-니까 が無いのですか?」というご指摘をいただいた。あれ? 無かったっけ。……無いな。しまった。ほんとうに怠けていたのがバレてしまった。何とか糊塗する方向で考えたい。いや、糊塗しないで頑張りたい。しばしお待ちを。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  한글 de 漢字 で日本語音読みから朝鮮語読みを検索できるようにしたのも、四ヶ月前。その後「醸 효 」「幡 번 」「杉 삼 」と、未収録だった漢字をご指摘いただいた。このままだとどんどん増えていく。どうしたものか。増やせば良いんですよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 厳密に計算してカレンダーに印を付けてはいるものの、ずれが? 強くやさしく、だから、빙그레、ですぞ?



2008.05.07(水)
 漢字はお好きでしょう? 好きと嫌いにかかわらずお付き合いしていかざるを得ないのが漢字。朝鮮語はご存知のとおり漢字語がやたらに多いわけです。漢字の音読みを朝鮮語でできれば、漢字語に関してはかなりの線まで知っている語彙を増やすことが可能ですね。そうなるといいなと切に思うのです。
そんな管理者の切なる思いをこめて作ってあるのが  한글 de 漢字 のコンテンツです。これまでに「◆ランダムに表示される漢字の読みをハングル入力して延々と当てていく」「◆日朝漢字音一覧」「◆朝鮮漢字音検索」というものを取り揃えてみました。

漢字音検索で漢字が未入力の場合のアラートウィンドウ
   漢字が未入力の場合のアラートウィンドウ

漢字音検索で漢字が収録されていない場合のアラートウィンドウ
   漢字が収録されていない場合のアラートウィンドウ
 今回特に新たなコンテンツを追加したわけではないのですが、次の点を改良しました(左図参照)。
「朝鮮漢字音検索」で、検索対象の漢字を入力する欄が空白の場合は【読みを調べたい漢字を入力してください。】というアラートが出るようにいたしました。
また、収録されていない漢字の朝鮮語読みを検索しても、やはり何の動作も起こらなかったものを、【大変申し訳ございません。お探しの漢字は弊サイトの「漢字音一覧」には収録されていません。管理者までご一報ください。早急に追加致します。ありがとうございます。】というアラートが出るように、これも改良してみました。当たり前のことがやっとできるようになっただけですね。
どうぞお使いになって、「この漢字入ってないじゃないのよ」と管理者に励ましのお便りをどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「カンタン! 語基練習」とか「単語 100連発!」みたいなコンテンツを作ると良いなあと思う。思っていてもどうしたら面白そうになるか(面白い必要があるのかは別問題だ)イメージが湧かない。いつものことなので管理者は健康なのだろう。何かアイディアがありましたら、管理者に叱責のお便りをどうぞ。



2008.05.05(月)
 華家様
この度は相互リンクのお申し込み、まことにありがとう存じます。
弊サイトは朝鮮語学習者の方を対象としております関係上、若干の例外はございますものの原則として朝鮮語学習乃至はそれに関連した内容のサイト様にリンクを張らせて頂いております。
お申し込みはたいへんありがたいのですが、如上の事情から今回はリンクを見合わせさせていただきたく存じます。
リンクにはなりませんが、日を改めて、弊サイトのコンテンツにございます「日録」にて「華家様というキムチ専門店様からお問い合わせがあった」旨をご紹介したく思います。
華家様のますますのご発展をお祈り致します。ありがとうございました。
「初級までの朝鮮語・初級から先の朝鮮語」
管理者 白宣基 拝上
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 上記のようなお答えをしたお問い合わせがありました。リンクにはしませんが、あら美味しそうだわとお思いになった方は、「キムチ専門店 華家」さんをお探しになるとよろしゅうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「浅草チャンジャ祭り」。なんと盛り上がらなさそうな祭りだろう。それとも大盛況なのか。三社祭のもじりなのだとか。管理者が知らないだけで「タモリ倶楽部」では既に数回この催しを行っているそうだ。詳細不明ながら、いささか心惹かれるものがある。
チャンジャ 창자 、ご存知ですか? 主にタラの内蔵を塩辛にしたもの。もちろん辛い味付け。歯応え良く、コクもあって美味しいものです。ごはんのおかずにも好適。お酒はホッピーが合うと信じている。行ってみたい気持ちが芽生えてきた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今日はなぜか食べ物の話題なので、本日の管理者の晩酌メニューをお教えする。今日する分の仕事が早めに片づいて気分が良いのである。あら、この人ったらこんなものしか食べてないのね、何か送って差し上げようかしら、とか思ってほしいためではない。そうではない。決してそうではないのだ。断じてそんなことをしてはいけない。人の食事をどうこういうなど、そういう下品なことをしてはいけない。下品なのは管理者だけで十分だ。
……冷蔵庫を見てみたところ、豚バラ小間、タマネギ、キャベツ、それと作り置きのもやしのナムルとビールが現有戦力だ。これではメニューの紹介ではなく食材の在庫報告ではないか。何をどう使って何を作るかはこれから考える。これも連休。



2008.05.01(木)
 メーデー(韓国では 근로자의 날 、朝鮮民主主義人民共和国では 전세계로동자의 국제적기념일 )なのでたぶん管理者の日だ。たぶん管理者も労働者の端くれだと思う。せっかくなので労働をしないで過ごしたいが、何の因果か本日は授業がある。法被が万で、とかよくわからない制度のために月曜日が潰れて木曜日にしわ寄せが来て、あたら連休の狭間に授業をする羽目になるとは、なんて幸せなんだろう。
今年は飛び石連休のゴールデン・ウィーク。ちなみに、 使える朝鮮語にもあるように、朝鮮語で飛び石連休は、サンドイッチ連休 샌드위치 연휴 、あるいは日本語と同様に飛び石連休 징검다리 연휴 と言う。징검다리 とは川とか庭園とかの飛び石のこと。ぴょんぴょん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 さる筋から聞いたのだが、猿ではなく同僚の朝鮮語講師だが(ベタで恐縮だ。連休なので)、韓国で5月は「家庭の月、家庭月間 가정의 달」なのだそうだ。それで、こどもの日 어린이날 、父母の日 어버이날 、先生の日 스승의 날 、成年の日 성년의 날 とご家庭なり人間関係なりの日が続くのだと。5月はいろんな日があるから後付けでそういう月であると設定したのかも知れない。そう言えば母の日 어머니의 날 も5月だった。皆さん、カーネーション 카네이션 を贈りますか? 御母堂が物故なさった方はどうすれば良いのか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝鮮の虎をあしらった衣裳を着たABBA-GOLDの女性ヴォーカルの一人
ABBA-GOLD公式サイトより
これは 호랑이 か?

民画に見られる朝鮮の伝統的虎
朝鮮の伝統的 호랑이
 管理者の苦手分野は、車とバイクと洋楽だ。他にもあるが忘れた。
ところで洋楽と言えば、ABBA である。たぶんそうだ、と思う。いくら管理者が物知らずでも ABBA なら「ダンシング・クイーン」しか知らない人が世界に数億人はいることくらいは知っている。あとどんな曲があるのでしょうか。
それはともかく、先日新聞を見ていたら、「 ABBA GOLD 」なるコンサートの広告がどかんと載っていた。ABBA って若いんだ、スウェーデンの人たちだったんだ、と知識を新たにしていたら、後日、これは ABBA のいわば復刻版であることを知った。そうですか。
それもさておき、その新聞の広告に出ていた写真である。写真を丸ごと全部パクって来るのは気が引けるので、該当部分のみ切り抜いてみた。左の写真(上)である。「 ABBA GOLD 」公式サイトの方、すみません。この女性が着ている衣裳の絵柄は、朝鮮の虎 호랑이(写真下)ではないか。写真ではわかりにくいかもしれないが、間違いないはずだ。ここではとりあげないが、相方の女の人が着ている服の薄青い色の動物も怪しい。四神の青龍だったらどうしよう。どうしようもないが。それにしても、なぜスウェーデンのバンドが朝鮮の虎を。これも管理者の洋楽音痴がしからしむる単なる無知なのか。無知ですが。オチはありませんが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 春爛漫と初夏の候が混じり合ったこの季節にご機嫌伺いをしようと、見事朝鮮語に結びついたので、気分良く授業をしたいメーデー。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 財布は自作できるのだろうか。穴が開きました。



2008.04.16(水)
 早いもので、もう2月も半ば。失礼しました。陰暦でした。もう4月ですね。年度が替わって、慌ただしい毎日を受け入れる気にならないので、つい、陰暦に逃げてしまいました。
それはさておき、年度が替わったからには、今年度の目標を立てなければいけない。立てなければいけないと決まったものではないが、立てれば立てたなりの役にも立とうというものだ。皆さんの目標は何ですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「役に立たないが、楽しく聞いてもらえる自慢話をできるようになる」、ずばり、これが管理者の今年度の目標だ。自慢話というのは聞いていて、実にもってまったく面白くない。面白くないどころか、ときには腹立たしいことさえある(宝クジにあたった、うちの犬は人間の三歳児よりかしこい、など)。
そういう面白くない、腹立たしい自慢話ではなく、もっとこう、役に立たないけれど、聞いていてホンワカとなるような自慢話をしてみたいのだ。弊サイトは百歩譲っても朝鮮語関連サイトなので、この一見朝鮮語とは何の関係もない話題を、どう朝鮮語に結びつけるかが管理者の腕の見せ所でもあり、弊サイトを見る人の楽しみの一つでもあろう。
そこで、何か管理者に自慢に値する経験なり性質があるのかどうか、無理矢理に考えてみることにする。おまけにそれを朝鮮語とからめて、だ。
……ちょっと時間をいただきたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ところで管理者の副業の取り扱い品目には、浅薄な歴史の豆知識(管理者の大学での専攻はいちおう「朝鮮史」だったのだ。我ながら面映ゆい)を生かしたものも、ごく稀にある。直近では4月26日発売の『韓流ファン Vol.4』という雑誌に「『太王四神記』を楽しむための物知りキーワード集50」という記事を書かせてもらった。ああ、ハズカシイ。「物知り」、だって。
当初は「太王四神記を楽しく見るためのキーワード100+解説付き」ということだったのが、数は半分に減るは、現物を立ち読みすればおわかりいただけるが内容は小難しくなるはで、のこりの50ケは次号でやりましょうか、などと編集者が言い出さないか心配で、ビールも喉を通ってしかたない。
せっかくなので、管理者がセレクトした50のキーワードを列挙することで、このやるせなさを薄めてみたいと思う。知っていれば楽しい、知らなくても問題なく楽しめる『太王四神記』のキーワード50、以下参照のこと。配列はカナダ順。【 】書きになっているのは漢字語。雑誌には、ちゃんとそれぞれの解説も載っている(はずだ)が、ここでは見出し語の列挙に止めておく。なぜなら雑誌の発売前だからだ。
  1. 가우리 カウリ
  2. 갑주 【 甲冑 】
  3. 개마대 【 蓋馬隊 】
  4. 거믈촌 コムル村
  5. 격구 【 撃毬 】
  6. 계루족 【 桂婁族 】
  7. 고구려 【 高句麗 】
  8. 광개토왕 【 広開土王 】
  9. 광개토왕비 【 広開土王碑 】
  10. 관미성 【 関弥城 】
  11. 국내성 【 国内城 】
  12. 기마 【 騎馬 】
  13. 단군신화 【 檀君神話 】
  14. 담덕 【 談徳 】
  15. 도끼 斧
  16. 백제 【 百済 】
  17. 백호 【 白虎 】
  18. 사신 【 四神 】
  19. 삼국시대 【 三国時代 】
  20. 소수림왕 【 小獣林王 】
  21. 시우족 シウ族
  22. 신관 【 神官 】
  23. 신단수 【 神檀樹 】
  24. 신시 【 神市 】
  25. 신라 【 新羅 】
  26. 아불란사 【 阿弗蘭寺 】
  27. 양왕 【 壌王 】
  28. 오족 【 五族 】
  29. 우사 【 雨師 】
  30. 운사 【 雲師 】
  31. 웅족 【 熊族 】
  32. 절노족 【 絶奴族 】
  33. 점 【 占 】
  34. 주몽 【 朱蒙 】
  35. 주작 【 朱雀 】
  36. 쥬신 【 粛慎 】
  37. 찻밭 茶畑
  38. 천궁 【 天弓 】
  39. 천부인 【 天符印 】
  40. 천지신단 【 天地神堂 】
  41. 청룡 【 青龍 】
  42. 태자성 【 太子城 】
  43. 풍백 【 風伯 】
  44. 현무 【 玄武 】
  45. 호족 【 虎族 】
  46. 호태왕 【 好太王 】
  47. 홍옥 【 紅玉 】
  48. 화천회 【 火天会 】
  49. 환웅 【 桓雄 】
  50. 흑주작 【 黒朱雀 】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 無理矢理考えたら、ひとつ思い出した。「役に立たないが、楽しく聞いてもらえる自慢話」を、だ。忘れてましたか? そうですか。楽しいかどうかは別にして、自信を持って役に立たない話であると断言できる。
ここに 불알 친구 という朝鮮語がある。어깨 동무 と同義語である。そのココロは「竹馬の友、幼馴染み」だ。管理者の幼少のみぎりの交友関係の自慢話をしようというのではない。自慢できるような友人など管理者にいた道理が無い(友人自慢は自慢話の中でもランクが低い)。そこでこの 불알 친구 を使って、朝鮮語にこと寄せつつ、小さい頃の単なる思い出を無理矢理自慢話に仕立てみた。
불알 친구 の 불알 とは、 불 (火)+ 알 (玉)が合わさった言葉。男性の性器、なかんずく幼児のかわいい、つまり、き○たま、のことを指す朝鮮語である。特に伏せ字にした意味はない。大人のそれをも指すが、猥褻さは無いと思ってよい。この単語を猥褻だと思う朝鮮語話者がいたら、その朝鮮語話者には何らかの抑圧があるであろう。管理者は下ネタは好まない。何らかの抑圧があるのだと思う。
 抑圧はさておいて、管理者がまだ学齢前の、ちょっとよく覚えていないが、たぶん四歳くらいの夏の昼下がりだった。あんまり暑いので、管理者は母親に頼んで家の前で行水をさせてもらった。水浴びである。家の前といっても庭など無かったので、いきなり公道である。通行人も多い。水を浴びて気持ち良くなった幼い管理者は、すっかり開放的な気分になり、母親の制止も聞かずに道路を走り出した。もちろん素っ裸 알몸 である。불알 丸出し状態の幼き日の管理者の姿は、自分で言うのも何だが、すこぶる雄々しかったものと推察される。その証拠に通りがかった女子高校生の二人連れが管理者を指さして大笑いしていた。彼女らに良い経験をさせたことは管理者の誇りとなって今に至っている。あのお姉さん方も、もういい年になってるのかなあと思うと痛快無比だ。ね、ね、素っ裸で道路走ったことってある?
……これは自慢話になっているのだろうか。もしかして管理者の夙に好まない下ネタになっているのではと危惧しつつも、ともあれ、ここまでお読みになった方は、불알 친구 という表現を覚えることができて、役に立ってしまったことであろう。面目次第もない。あんまり良い話なので、脚色して「使える朝鮮語」にそのうち転載したい気もする。



2008.03.20(木)
 ええ、さて、本日はお日柄も良く、雨降りですが春分の日なので、春雨です。雨降って地固まる、と申します。春雨は「春」と「雨」の合成語ですね。発音記号で表すならば [ harusame ] です。sの字が赤くなってますね。照れてるんですね。可愛いですね。そんなことあるわけないですね。これは春雨の朝鮮語である 봄비 が [ pomʔpi ] と発音されることと一脈相通じている、ということになっています。声門閉鎖音、朝鮮語でいうところの濃音の記号 [ ʔ ] と [ s ]では違うではないかと、お気を悪くなさったりしないでください。朝鮮語には合成語において、後続語が平音で始まる場合は、それを濃音として発音するという性癖があります。性癖ですから理由はありません。そういうものです。この「濃音で発音するんだ」ということを字面で表したものが、사이 시옷 と呼ばれるものです。「間の ㅅ の字」という意味ですね。봄비 は今でこそ봄비 と表記しますが、すこし前までは、すこしと申しましても数十年前、主に戦前なので結構前ですが、「 봄ㅅ비 」と書いていた時期もありました。
先行語が終声を持たない、つまり母音で終わる語の場合は現在でも 사이 시옷 を入れて表記することが多くあります。例えば「太陽、お日さま 해 」+「光 빛 」→「陽の光、陽射し 햇빛 」など。休みの日にいちちちそんなことはお考えになりたくないかもしれません。また日を改めて、◆合成語における平音の濃音化と 사이 시옷 をご参照くださいますようお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 春分の話を始めたらいきなり脇道にずれてしまいましたが、ようやく今学期・今年度も何とか終了いたしました。
ひとえに受講生の皆様のおかげです。私がありがとうございますとお礼を申し上げるのは一見おかしいかもしれませんが、そうではありません。今学期・今年度も実に多くのことを学ばせていただきました。拙い授業であったことをお詫びするとともに、来学期もよろしくお願いいたしたく、この場を借りて、私が担当させていただいた受講生の皆様、まだ見ぬ来学期の受講生の皆様にですね、ここでひとつ、ご挨拶を申し上げる次第です。たいへん簡単ではございますが、皆様のご健康とますますのご発展をお祈りいたしつつ、結びの言葉にかえさせていただきます。本日、じゃない、今学期はまことにありがとうございました。来学期もよろしくお願いいたします。
先日、むかしの教え子の結婚式に呼ばれまして、こういう挨拶をたくさん聞いたので影響されてしまい、このような口調になったことをお詫びいたします。しつこい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 管理者は来学期の準備で忙しい(ほんとうはそうでもない。忙しい気分になっているのが嬉しいだけだ)のに、また無理難題な副業依頼があった。ここ数ヶ月お付き合いさせていただいている某誌編集者から「太王四神記を楽しく見るためのキーワード100+解説付き」という、朝鮮語とまったく関係の無い仕事だ。なかなか腹の据わった編集者だ。ありがたいことである。
仕事を選ばない管理者だが、しかし、それにしてもそれを管理者にどうしろと言うのか。テレビも持っていない管理者に。そう言えば同誌で二回続いた「太王四神記ペ・ヨンジュンの台詞で覚える韓国旅行会話うんたらかんたら(以下略)」というコーナーは、ドラマ「太王四神記」のプロモーションを仕切っている事務所から「あれ、やめてね」というお達しがあったそうだ。そりゃそうだろうなあ。スレスレだと思ってたんだよなあ。ていうか、完璧アウト。と、言うことは某誌のその号は買っておいた方が良いのではないかとも言えるか。コレクターズ・アイテムか。そんなことはないですね。
この仕事を受けるなら、そして、朝鮮語と関係ない話題を何とか朝鮮語に結びつけるというならば、見出し語には朝鮮語を付けねばなるまい。苦しい立場に立たされた。副業も立派な本業だからなあ。何とかせねば。さあ、今日は休日。春分の日であるので極力のんびり過ごす覚悟で臨みたい。



2008.03.06(木)
 もうそろそろ学期も年度も終わりの弥生三月。毎年同じことを書くようであれだが、宣伝ではないと強調したいのだが、管理者の職場の一つである韓国YMCAなる団体で、文化教室の発表会が 3月8日の午後に行われる。チャンゴにカヤグム、舞踊各種。毎年横目で準備作業や練習風景などを見ていると、年によって殺気のこもり方が違う。気合いは毎年入っているが、今年は殺気立っているので、殺気がほとばしる一年の成果が見られそうだ。講師はプロ、受講生もプロはだしの腕前のイヴェントなので、衣裳などに興味がある方を含めてオススメだ。なぜと言うなら、なんと入場無料で入場自由。殺気走るほどの気前の良さだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 昨日が暦の上で啓蟄 계칩 、今日はその翌日。虫やらカエルさんやらがヨッコイショと土から出て来るという再生の日です。ああ、ガーベラが(ガーベラもさることながら)きれいだな。



2008.02.27(水)
 立春 입춘 も過ぎて、その次の雨水 우수 も過ぎて、春一番も吹きました。一年前、2007年の立春にアップする予定だった立春のクロスワードパズルの下書きを紛失してしまい、今年こそはと思っていましたが、一度作ったものをもう一度作り直す面倒さに負けて、しばらくほったらかしにしていたパズルが出来上がったので、お目汚しではありますが、弊サイトをご覧くださっている皆様にお届けします。遊んでやってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
산지기 소년 は「墓守の少年」とでもいう意味、양치기 소년は「羊飼いの少年」。ありもしないことを言いふらかして周囲の人を惑わせた挙げ句に自分がひどいことになってしまうというイソップ 이솝 のお話の主人公は、もちろん 양치기 소년 の方。余談だが(余談ばかりだが)「オオカミと羊飼いの少年」のオオカミは朝鮮語では 늑대 ということになっている。이리 がオオカミで、늑대 はコヨーテだと思っていたが、余談なので深入りはしないことにしたい。
양치기 소년 と言うべき所を 산지기 소년 と言ってしまって、あれ変だなと後になって気づいたネイティヴ・スピーカーの話を人から聞いた。いかにもありそうなことだ。日本暮らしと言うか外国生活が長くなると、何だっけかなあということもあるだろう。外国生活に限らずとも、ハリソン・フォードとジョージ・ハリソンの区別が未だにつかない管理者はおおきなことは言えない。立派な 양치기 소년 になりたいものだ。少年は無理でも羊飼いなら可能性はあるはずだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ほんとうは山崎あたりのミニボトルが良かったのですが。仕事の合間は無理なので後に飲むといいかな、と。せっかくなので優しく鼻をかみつつ。



2008.02.12(火)
 光陰矢の如し、というほどの時間は経っていないものの気づいてみれば二月も半ばにさしかかろうという昨今。旧の正月も過ぎてTOPページの 새해 복 많이 받으십시오. のメッセージもほったらかしの管理者は馬鹿もいい加減にしないといけないのではないですか? はい、すみません。(早速撤去しました)
よくわからない自問自答をしているのは、実は照れくさいからだ。あの、実は性懲りもなくまた副業に精を出していました(本業も頑張っていました)。ペンギンのイラストを5点も描いていたのです。職場の人、すみません。勝手にスキャナー使わしてもらいました。いい加減にするけじめとして、けじめになるかどうか心許ないが描いたイラストを一挙掲載。これも朝鮮語の勉強のうちと思ってあきらめてください。

 どのイラストが何のイラストか解った人はもうちょっと朝鮮語を勉強した方がよろしいでしょう。管理者もお手伝いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 このイラストは副業ではあるが手なぐさみであって副業のメインではない。何事もなければ多分2月26日発売の『韓流ファン vol.3』なる雑誌に賑やかしのカットとして使われるはず。同誌からの依頼で「太王四神記でうんたらかんたら韓国旅行会話 第2弾」(正確なタイトル失念)なる記事と、「太王四神記クロスワードパズル」を作ったので、興味があったら書店で迷惑にならない範囲で立ち読みされたし。もちろん購入も可。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「“ 첫인상 ”の発音は [ 처딘상 ] になるという事なんですが、なぜ [ 천닌상 ] にならないのですか? [ n ] は挿入されないのですか?」様、ご質問ありがとうございます。
何がどうなっているのかちょっと整理してみました。ご参照ください。

  • 「 첫 」 は、ご承知の通り「初めての / 最初の・一番目の」という意味を表す接頭辞・冠形詞です。名詞とともに使われます。接頭辞は名詞と合わさって一単語を構成し、一般に浸透しているものは一語として辞書に収録されます。冠形詞は日本語の連体詞に相当するもので、必ず名詞が後に続きます。冠形詞と後続の名詞の間にはスペースを入れて表記し、こちらは一語扱いにはなりません。ここまでよろしいでしょうか。

     接頭辞+名詞 → 一単語、冠形詞+名詞、それぞれともに、先行する要素(接頭辞、冠形詞)が子音で終わっていて(終声を持っていて)、後続の名詞が母音 이 ・ 야 ・ 유 ・ 얘 ・ 예 ・ 여 ・ 요 で始まる場合、リエゾンが起こります。具体的には後続の名詞の先頭の母音 이 ・ 야 ・ 유 ・ 얘 ・ 예 ・ 여 ・ 요 に [ n ] が入り込みます。この際、先行する要素の終声が口音 [ p ]・[ t ]・[ k ] だと、入り込んだ [ n ] によって鼻音化も二次的に起こります。名詞+名詞の例ですが、「韓国料理 한국 요리 」は、요리 → [ 뇨리 ] とリエゾンが起こり、한국 → [ 한궁 ] のように鼻音化しています。すなわち[ 한궁뇨리 ] これもよろしいですね?

     さて、やっと本題の 첫 です。子音字 ㅅ [ t ] で終わっています。後ろに 이 ・ 야 ・ 유 ・ 얘 ・ 예 ・ 여 ・ 요 の母音で始まる名詞が来れば、これはもう立派にリエゾンするは鼻音化するのは当然のようです。管理者もそうだと思います。ここでお悩みになったと、こういうわけですね?
    ちょっと下の表をご覧ください。管理者がこんがらがる頭で考えつつ、複数のネイティヴ・スピーカーに聞いてみた結果です。

    接頭辞 冠形詞
    後続が固有語 첫이레 生まれて七日目 [ 천니레 ]
    첫여름 初夏 [ 천녀름 ]
    첫 이틀 最初の二日間 [ 천니틀 ]
    첫 여름 初めての夏 [ 천녀름 ]
    *後続語が母音 이 ・ 야 ・ 유 ・ 얘 ・ 예 ・ 여 ・ 요 で始まる固有語の場合はリエゾンして鼻音化する
    後続が漢字語 첫인사 初対面の挨拶 [ 처딘사 ]
    첫인상 第一印象 [ 처딘상 ]
    첫 인정 初の認定 [ 처딘정 ]
    첫 야근 初めての夜勤 [ 천냐근 ]
    *後続語が 이 で始まる漢字語の場合はリエゾンせずに終声が初声化する
    *後続語が母音 야 ・ 유 ・ 얘 ・ 예 ・ 여 ・ 요 で始まる漢字語の場合はリエゾンして鼻音化する

     結論としまして、1「 接頭辞・冠形詞 첫 の後に続く名詞が、母音 이 ・ 야 ・ 유 ・ 얘 ・ 예 ・ 여 ・ 요 で始まる固有語の場合はリエゾン( [ n ] が入り込む)して、鼻音化が起こる」、2「後に続く名詞が漢字語で、先頭の母音が 야 ・ 유 ・ 얘 ・ 예 ・ 여 ・ 요 の場合はリエゾン( [ n ] が入り込む)して、鼻音化が起こる」、そして3として「後に続く名詞が漢字語で、先頭の母音が 이 の場合は単に終声の初声化が起こるだけ」ということになりました。結局、漢字語で 이 で始まる名詞が後に続く場合だけが、なぜか例外的な発音のされ方をしているということでした。

     ただし、ただしですが、リエゾンは「発話する本人が語のまとまりを一つとして認識している」場合に自然に起こる現象のようです。ですから、첫 인정 [ 처딘정 ] も [ 천닌정 ] と発音する人がいてもおかしくなさそうです。また、ご質問の 첫인상 は、なるほど [ 천닌상 ] になるのが「原則どおり」でしょうし、たしかに一語ではありますが、これはもう [ 처딘상 ] と発音するという認識が確立しているとお考えいただくしかなさそうです。

     以上のようにおおまかな線引きは可能ですが、引いた線をはさんでチョコチョコと揺れがかいま見えるところに朝鮮語の可愛らしさをお感じとりになってですね、世知辛い毎日の憂さをお晴らしになるのも亀の甲というものではないでしょうか。どうか、ひとつ。

     蛇足ながら後続の名詞が外来語の場合、これはもう融通無碍です。
    「初めてのインターネット 첫 인터넷 [ 처딘터넷 ] [ 천닌터넷 ] 」「生涯初のヨーロッパ 생애 첫 유럽 [ 천뉴럽 ] (これはきっちりリエゾンします)」など。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 牡蠣とキムチは良く合います。美味しいですね。ティッシュペーパーとおなかに貼るカイロは大切です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 なんと、南大門全焼崩壊。もったいない、の一言だ。古い建造物が残りにくい歴史を持っている朝鮮半島。改修に改修を重ねつつ残ってきた数少ないものの一つだから、交通に邪魔でも何でも残しといてもよかったのになあ。えっ、放火なんですか? やれやれ。
ちなみに放火は 방화 [ paːŋɦwa ] で長母音、防火は 방화 [ paŋɦwa ] で短母音。文脈で判断つくと言えばそれまで。



2008.01.01(火)
戊子  今年は戊子年です。十干と十二支の組み合わせ、すなわち 육십갑자 [ 六十甲子 ] の二十五番目の「つちのえね」ですね。
10 と 12 の最小公倍数が 60 ということなわけですが、せっかく 60通りあるのですから弊サイトも 60年は保たせたいところです。サイト開設から三年が過ぎ、今年が四年目ですので、あと五十六回も同じことを書くかと思うと正月早々気が遠くなってきました。
左の文字は「 무자 」。「戊子」の朝鮮語読みです。管理者も人並みに年賀状を出しておりまして、毎年その年の十干十二支を朝鮮語読みしたものを筆で書き殴って年賀のご挨拶としております。弊サイトをご覧いただいている全員の方に年賀状をお出しするわけにもいかないので、せっかくですからこの場を借りて「 무자 」をお届けいたします。転載自由。お使いください。どうやって使うかもご自由にどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 まずは新春、本年もよろしくお願いいたします。
「初級までの朝鮮語・初級から先の朝鮮語」管理者 白宣基 敬白



初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語