韓国語学習支援サイト 

2018年 日録
*お問い合わせへの返事もここで行います。
2019.01.03(木)
 ありがたいことに本をいただくことが時折ございます。
これで勉強なさいませよという励ましなのか、よろしかったらお目をお通しになって紹介してくださいましなという意図なのか、そこらへんははっきりしません。
はっきりしませんが、ありがたく読んで身の養いにさせていただいております。

正月でもありますし、せっかくなので頂き物の本をご紹介をします。
管理者が『Eメールの韓国語』を書かせていただいた白水社の勇気のある編集者様からの頂き物です。

........................................

韓国語形容詞強化ハンドブック
 形容詞に特化した珍しい単語集です。
有用です。初学者から中級の方にお薦めです。

 この種の本に接したときの管理者は、まず最初から最後までツラツラツラっと、ボソボソボソっと、単語だけを拾って、速やかに、かつ、くぐもった声で音読します。
単語を目と口と耳に通すんですね。
脳内では高速で以下の振り分けがなされます。

・これ知ってる→使ったことある|見たり聞いたりしたことある|知ってるけど使ったことない
・これ知らない
・これどっちか曖昧

 小説や詩や、新聞などの文を読んでいると前後の文脈でわかってしまうことがありますが、単語集だとそうはいきません。
知っているのと知らないのとの区別が瞬時に迫られます。
中にはどっちつかずの曖昧なものもありますが、そういうのは知らないほうの箱に入れておきます。

こうして文になるまえの構成要素としての単語、なかんずくこの本で言えば形容詞だけというように、ジャンルを絞った単語集は一冊あると嬉しいです。

琴線に触れた単語はあとで調べ直します。リスが冬ごもり前に餌を蓄えるみたいに。
貧乏性で、生きるのに必死で他に術を知らない管理者にとっての愉悦です。
........................................

中級韓国語単語練習帳:ハン検3級準2級TOPIK中級
これも有用です。総語数2,880語というのがほどよい分量。

 何を以て標準と言うかは場合によって異なるのでしょうが、まずは3,000語というのが日々の暮らしをどうにか乗り切るのに必要な韓国語の語彙数という話を聞いたことがあります。真偽は知りませんが、味わい深い数です。
助詞、疑問詞、代名詞、数詞などは数もそうありませんから、まとめて覚えちゃうのがいいんでしょうね。
ジャンルごとなら、たとえば「動物」はどこまで覚えていればいいか、「野菜」ならどうか。
そこは語彙頻度調査に基づいて、まあまあここらへんでいんじゃないのという線があるわけです。本書もそれや試験概要なりに原則としてのっとっているわけですから、バランスが取れた栄養食みたいなものでしょう。損はありません。なかんずく試験対策ということならこれは必須ですし、この本は良い本です。

........................................
 さて、ここで蛇足をひとつ。
栄養のバランスが良いから美味しいとは限りません。人には好みがあるでしょう。
動物なら桃太郎のあれくらい、多くても十二支くらいで十分と考える人もいますし、おまえ動物商か?みたいな隙間をつきまくった語彙を求める人もいます。
言語は社会的なものという側面もありますから、大多数の人が使っている単語を知らないのも問題ありです。ありですが、それはそれ。
知りたいことから覚える、覚えたい、見たら忘れない、というものまた事実です。
いいんですよ、何から覚えたって。たくさん食べて、たくさん出す。汚い話ではありませんよ。たくさん見て聞いて、たくさん書く、たくさん言ってみる。これさえできれば、どの単語から覚えたっていいんです。(試験勉強には直結しませんが)

파일:Rukola.JPG|https://ko.wikipedia.org/wiki/%ED%8C%8C%EC%9D%BC:Rukola.JPG
これがルッコラ
「野菜」で思い出しました。
以前、管理者の職場のYMCA韓国語講座で、いきなり「“ル”ではじまる食べ物ってあります?」と聞かれたことがあります。授業中ではなく、朝鮮語の質問としてでもなく、単なる世間話としてです。
管理者、とっさに「ルッコラ!」と答えたものです。
でもね、ルッコラって具体的によく知りませんし、食べたことありません。ただスーパーで見たことがあるだけです。朝鮮語で何と言うかも知りません。
こういうボンヤリした記憶だっていいんです。

 せっかくなので「ルッコラ」を調べてみますね。

ピッ ピッ ピッ ポーン(こうでもあろうかなあという予測半分のハングル表記で検索)

はい、出ました。
루콜라 ですね。
(画像はみんなのウィキペディア様から引用)

こいつぁ春から良い勉強になったわぃ。

...あ、ルバーブってのもあるな。...こっそり調べて、皆さんには教えてあげません。いけずですね、管理者。


2019.01.01(火)
2019年の年賀状 初級までの朝鮮語・初級から先の朝鮮語
새해 복 많이 받으십시오.
 新年明けましておめでとうございます。
己亥年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 亥(いのしし)は昨年の戊(いぬ)と同じくくりで、色としては黄金ということになっていますね。
韓国では「황금돼지띠 黄金のぶた年」というフレーズが飛び交って、株価がどうこうという悲鳴にも似た期待感いっぱいの記事があちこちで見受けられます。イノシシではなくブタというのが12年に一度のお約束です。

今年も余分なお金に縁は無さそうな管理者ですが、ともあれサイト開設15年目。実効あるコンテンツ作成とともに、ホクロが再生しないように(年賀状参照)日焼けに気をつけて邁進いたします。


【年賀状をお送りいたします】
 今年も例年同様、若干の年賀状が余ってしまいました。管理者の付き合いの狭さと、世間の年賀状離れが加速しております。
もしよろしければ住所をお知らせください。年賀状をお送りさせていただきたく存じます。
ある種の縁起物ですので、この一年の韓国語学習に良い効果が期待できます。
メール( mail@penguin99.com 宛)にてご住所をお知らせくだされば郵便にてお送りいたします。
どうぞお気軽にご連絡ください。

※先着順とさせていただきます。
※枚数に限りがございます。



2019年 元旦
「初級までの朝鮮語・初級から先の朝鮮語」管理者
白宣基 백선기 ペク・ソンギ 敬白



初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語