韓国語学習支援サイト 

連載記事
【印象的なセリフに気をとめるためにネタバレに気をつけないコラム】
第3回「秋へ」

印象的なセリフに気をとめるためにネタバレに気をつけないコラム 第3回「秋へ」  秋です。紅葉狩りなどいかがでしょう。紅葉狩りもいいけどやっぱり韓国映画が好き? ふふふ、そんな方に今回お届けするのは『ノートに眠った願いごと』(2006年 ユ・ジテ、原題『カウルロ(秋へ)』)です。何かと逆境中の編集者、ナイス・チョイス。しかし、いくらナイスでも、DVDとともに送られてくる参考資料に目を通すほど筆者はやわではありません。今回も体当たりのネタバレ御免逆境コラム、今月もほんわかをお届けします。

 検察の若手検事として忙しいヒョヌ(ユ・ジテ)。忙しくても男として言うべきことはきっちり言うのは立派です。「ナランキョロネジュルレ?」。言ってみたい、言われてみたい台詞です。もちろん言えばいいってものではなく、ユ・ジテ一流の真摯で暖かい笑顔で言えばこそミンジュも求婚を受け入れるのです。筆者も男の端くれですが使う機会の無いのが惜しまれます。

 そんなこんなでヒョヌとミンジュは二人してミンジュの実家に挨拶に行きます。婿になる男と嫁に出す父親の会話もさることながら、このシークウェンスでのほんわかはヒョヌとミンジュのやりとりです。ごはんも食べ終わってお風呂にも入って、もう眠るだけ。ヒョヌはミンジュの子供時代のアルバムを眺めています。恥ずかしがるミンジュ。そこでミンジュは唐突に「オッカライボヤジ」。もう寝るからパジャマに着替えろってことですね。ミンジュはヒョヌの服のボタンを外してあげようとします。これは男性からしてみると実に照れくさい。おまけに彼女の実家です。お義父さんとお義母さんが起きたらどうのこうのと照れるヒョヌに、ミンジュは「スリリイッチャナ」と切り返します。あらっ、ハズカシっ。筆者は思わず乙女になってしまいました。余談ですが、最初この台詞を聞いた時は「スリゲッチャナ(ヒリヒリするんじゃない?)」と聞こえました。べつにヒリヒリしないよなあと思ってよくよく聞き直すと、スリル、だって。韓国語講師である筆者のプライドがヒリヒリ痛みました。

 それにしても、見ているとこちらの心に黒い気持ちが芽生えるほどに仲の良い二人です。ヒョヌが大好きなミンジュはヒョヌの身の回りの物を買いにデパートに出かけます。そしてデパート崩落。いきなりですが、崩落です。その時ミンジュはコーヒーショップでヒョヌのために買ったものを自らラッピングしていました。結果は明らかです。瓦礫と土埃、救助隊と被害者の叫び声の中、ミンジュの名を呼ぶヒョヌ。ヘナヘナです。職場では担当していた贈収賄事件の捜査が打ち切られるは、不満をぶちまける市民に卵ぶつけられるはで、上司はヒョヌをしばらく休ませます。検察への風当たりを避けるためなんですね。ヒュヌ、泣きっ面に蜂状態です。

 職場から一時的にですが放り出された形のヒョヌは旅に出ます。主に江原道一帯の海と山。季節はもう秋です。なぜそのコースかと言えば、ミンジュが生前、ヒョヌからプロポーズされるずっと前から書き続けていた、ヒョヌと行きたい「新婚旅行シミュレーションノート」がヒョヌの手に渡ったからです。これが邦題の「ノート」。このノートをヒョヌに渡したのはミンジュのお父さんです。わざわざ田舎からソウルに出てきて、娘の形見とも言えるノートをヒョヌに渡します。料理と酒を間にぼそっと放つおやじさんの「ネジャンハナパッケ(どうだ、一杯)」は渋いです。いい年した大人ならこれくらい言えないとダメだと反省しました。

 さて、ノート片手にミンジュの夢が詰まった旅程をたどるヒョヌと行く先々ですれ違う女の子がいます。セジンです。道ですれ違ったり、旅館の隣の部屋になったり、食堂で相席になったり。意図しているのかどうなのか、判然としません。あんまり一緒のコースなので、ヒョヌは訝しみますが、やっぱり偶然だろうと思っていると、なんとこのセジンの言うことは、ヒョヌが持っているミンジュのノートに書いているフレーズそっくりそのままではありませんか。ノートの冒頭、そして映画の冒頭はこの台詞で始まります。ちょっと長めですが引用します。「パダルルヒャンヘソウリヨヘンウンシジャクドゥエヌンゴヤ. パダカウンデエサマグルカジンソミハナイッソ(海に向かって私たちの旅行は始まるの。その海の真ん中に砂丘がある島があるんだよ)」。ミンジュの仕事は各地を回って自然ドキュメンタリーを作ること。その合間合間に書きためたノート。なぜそのノートの言葉と、行きずりのはずのセジンの言葉が同じなのか。ヒョヌはセジンを問い詰めます。そういえばセジンにはおかしな行動が目立ちました。トンネルで見かけた交通事故現場、トンネルの中だというのにセジンは車から降りてそこから逃げ出します。怪しい、なぜだ。問い詰めるヒョヌに打ち明けるセジン。デパート崩落の、彼女もまさにその被害者だったのです。セジンの突飛な振る舞いはPTSDによるものでした。

 もうここまでくればミンジュとの繋がりも明らかです。ミンジュが寄ったコーヒーショップのウェイトレスがセジン、崩落した瓦礫の中でミンジュに励まされ、ミンジュの死を一番近くで感じ、ノートを託された、それがセジンです。瓦礫の中で交わされるミンジュとセジンの会話にほんわかはありません。でも、そんな中でもほんわかを人に与えることが出来る台詞として記しておきます。「チョンシンチャリョオンニ! チャムドゥルミョンアンドゥェ!(しっかりして、ミンジュさん! 眠っちゃだめ!)」。当たり前の台詞ですがこれはなかなか言えないはずです。この台詞を言うことで、セジンはミンジュから、愛することのほんわか、ヒョヌへの強い思いを託されます。ミンジュはノートをセジンに託し、ヒョヌの名を呟いて事切れます。励まし励まされることでほんわかを託し託されあった瓦礫の中の二人でした。セジンはこのノートをミンジュの実家に送ります。その全てを頭に刻み込んで。そして旅にでました。

 現実でのヒョヌとセジンは旅の終わりで別れ、ヒョヌの職場復帰の後再会します。ラストシーンは銀杏並木。明るい笑顔のミンジュが「良い道になるといいなあ」という台詞とともに同僚だったカメラマンの車に乗って立ち去るのを見送るヒョヌとセジン、という象徴的すぎてなんだかわからないシーンで、この映画は終わります。

 ラスト少し前の場面、職場に復帰しヒョヌは事件の再調査を上司に対してにこやかながらも毅然と要求します。立ち直ったヒョヌに部下もひと安心。ヒョヌの下の課長さんの「カジンゴスンオプチマンコムサニムトゥイエヌンハンサンチェガイッチアンスムニカ. ハハ、ファイティン!(何も力にはなれませんけど後ろにはいつだって私がついてるじゃありませんか、ハハ。ファイティング!)」は味わいがあります。他にも「インチェエシンビヤ(人体の神秘だよ)」など捨てがたいところは山ほどありますが、最後にひとつだけ。ヒョヌの足のサイズは275mm。韓国ではセンチではなくミリで靴のサイズを言います。足、大きいですね。さすがユ・ジテです。
(『Brand-new KOREA』2007年10月号掲載)

初級までの朝鮮語・初級から先の朝鮮語 文・イラスト ◉ 白宣基 ( 백선기 ペク・ソンギ )
韓国語学習サイト「初級までの朝鮮語・初級から先の朝鮮語」の管理者、韓国語クロスワードパズル作家、在日本韓国YMCA韓国語講座主任講師。少し的を外した視点がかえって的を射ているという授業を得意としている。
初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語