韓国語学習支援サイト 

文法の特効薬【ㅅ変格用言】

ㅅ変格用言
第Ⅱ語基と第Ⅲ語基で ㅅ が脱落する。
 語幹末が ㅅ の子音語幹用言で第Ⅱ語基と第Ⅲ語基が変則的なものを ㅅ変格といいます。
第Ⅱ語基で 으、第Ⅲ語基で 아 / 어 がつくのは正格活用とおなじですが、語幹末の ㅅ がシンプルに脱落します。
ㅅ変格の数はそれほど多くありません。

変格用言 ㅅ変格用言 正格用言
基 本 形 治る
낫다
線を引く
긋다
こしらえる
짓다
奪う
뻬앗다
笑う
웃다
語  幹 뻬앗
第Ⅰ語基 뻬앗
第Ⅱ語基 나으 그으 지으 뻬앗으 웃으
第Ⅲ語基 나아 그어 지어 뻬앗아 웃어
備  考 第Ⅱ語基で 으、第Ⅲ語基では 아 / 어 がつきますが、ㅅ が脱落します。 語幹末の ㅅ はそのままです。
※表をスワイプすると隠れている部分が表示されます。


 他に、붓다(注ぐ、腫れる)、잇다(継ぐ、繋ぐ)、젓다(かき回す)なども ㅅ変格用言です。
初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語