韓国語学習支援サイト 

 Ⅲ -야
 Ⅲ -야
意味 第 Ⅲ 語基につく条件を限定的に表す接続形語尾
  •  すべての用言につきます。
    「雨が降ってこそ、雨が降ってはじめて、雨が降ってやっと → 虹が出る」や、「寒くてこそ、寒くてはじめて → 冬の醍醐味が感じられる」を考えてみましょう。
    「虹が出る、冬の醍醐味が感じられる」ための条件は他にも多くあるでしょうが、ここではあえて「雨が降る、寒い」ことを必須のものと限定して条件を述べています。
    「ホースで水を撒けば、ミストシャワーの下では」「焼き芋を食べると、オンドルに寝そべれば」のような他の条件を排除して「雨が降ってこそ、寒くてこそ」を提示しているわけです。逆に言えば、「虹が出るのは雨が降るから」「冬の醍醐味を感じられるのは寒いから」という話者の主観を強く反映しているとも言えます。
  •  「電車は一時間に多くて三本」のように、最大限でもせいぜいその程度であることを示すこともあります。
  •  否定 Ⅰ -지 않다 、尊敬 Ⅱ '-시- 、過去 Ⅲ -ㅆ- にもつきます。意思推量 Ⅰ -겠- にはつきません。
  •   Ⅲ -야만 のように 만 がつくと、条件をさらに限定して述べる感じになります。
  •   Ⅲ -야지 のように 지 がつくと、話し言葉のような軽い感じになります。
  •   Ⅲ -야 하다(または Ⅲ -야 되다)の形で「〜しなければならない」という義務表現となります。この하다(되다)は「ある基準に合致している、その水準に達している→良い」という意味です。「何かをしてはじめて良い結果がもたらされる」という考え方の文型です。
     Ⅲ -야 하다(または Ⅲ -야 되다)を参照してください。

品詞 基本形 第 Ⅲ 語基  Ⅲ -야
動詞 出る 나다 시간이 나야 가지.
時間があったら行くわ。(←時間があってはじめて行ける)
噛む、咀嚼する 씹다 씹어 많이 씹어야 소화가 잘 돼요.
たくさん噛むと消化に良いんですよ。(←きちんと噛んでこそ消化に良い影響がある)
形容詞 苦い 쓰다 커피는 써야 맛이 나요.
コーヒーは苦いからこそ味わいがあるんです。
寒い 춥다 추워 겨울은 추워야 제맛이다.
冬は寒くてこそ冬の醍醐味。
速い/早い 빠르다 빨라 백신 보급 빨라야 내년 봄
ワクチンの普及は早くて来年の春
速い/早い 많다 많아 1시간에 많아야 세 대
一時間にやっと三本(電車など)
存在詞 いる、ある 있다 있어 수요가 있어야 공급이 있다.
需要があって(こそ)供給がある。
수요가 있어야지 공급이 있지.
需要があってこそさ、供給があるんだよね。
指定詞 〜である -이다 -이어 안전한 물이어야 매일 마실 만합니다.
安全な水であってこそ毎日飲むのに適しているのです。
否定 気を使う、神経を使う
신경쓰다 +  Ⅰ -지 않다
신경쓰지 않아 사소한 일에 신경쓰지 않아야 부자도 될 텐데...
些細なことに気にしなければ(気にしなければこそ)お金持ちにだってなれるのにね...
尊敬 くれる、あげる
주다 +  Ⅱ '-시-
주셔 신분증을 보여 주셔야만 입장이 가능합니다.
身分証をお見せさえしてくだされば入場可能でございます。
過去 知る
알다 +  Ⅲ -ㅆ-
알았 진작 알았어야 했네.
もうすこしはやめに知っていなきゃいけなかったな。
※表をスワイプすると隠れている部分が表示されます。


例文
  • 같이 살아 봐야 어떤 사람인지 알 수 있다.
    いっしょに暮らしてみてはじめてどんな人かわかる。
  • 하늘을 보아야 별을 따지.(ことわざ)
    空を仰ぎ見ないと(←仰ぎ見てこそ)星も掴めないぞ(←仰ぎ見てこそ掴める)。
  • 가는 말이 고와야 오는 말이 곱다.(ことわざ)
    行く言葉が美しくてこそ、返って来る言葉が美しい(→自分の言い方一つで相手の態度も変わる。言葉遣いや態度には気をつけよう)
  • 가는 정이 있어야 오는 정이 곱다.(ことわざ)
    行く情けがあればこそ返って来る情けもある(→好きという気持ちは伝わって相手もこちらを憎からず思うようになる。魚心に水心)


初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語