韓国語学習支援サイト 

発音の特効薬−【基礎編】
終声( 받침 パッチム)とは
 朝鮮語には子音で終わる語がたくさんあります。
下の図のように、マス目の下に書き表す部分の子音を終声(받침 パッチム)と言います。
終声の種類は7つ。英語などに比べれば少ないほうです。また日本語でも頻繁に見られる音も混ざっています。

終声の区分は、まず鼻音(びおん)が3つ。唇を閉じて [ m ] 、舌先を上の歯の裏辺りに押しつける [ n ] 、舌のつけ根で口の奥の方をふさぐ [ ŋ ] 。これらは鼻から息を抜くので鼻音と言います。

口音(こうおん)も3つあります。唇や舌の位置は鼻音と同じで、ピタッと止めます。鼻音に対して口音と呼んでいます。

そして流音(りゅうおん)というものが1つあります。英語の [ l ] よりは舌先の位置がもう少し口の奥よりです。

 終声は単語の意味を区別する大切なキーポイントになっています。
母音では唇を円くして発音する「 ㅜ [ u ]」と「 ㅗ [ o ]」が重要です。子音ではこの終声の区別が発音の華です。

では、 に分けて見てみることにしましょう。


子音
(初声)
母音
(中声)
  子音(初声)
母音(中声)
子音
(終声 받침 パッチム)
  子音
(終声 받침 パッチム)
           
           
鼻音 ㅁ [ m ] ㄴ [ n ] ㅇ [ ŋ ] 「ん」
口音 ㅂ [ p ] ㄷ [ t ] ㄱ [ k ] 「っ」
流音 -- ㄹ [ l ] --
調音点 上の歯の裏
舌の先
舌のつけ根  
[ m ] - [ p ] 、[ n ] - [ t ] - [ l ] 、[ ŋ ] - [ k ] はそれぞれ調音点が同じ部分にあって対応しています。

※表をスワイプすると隠れている部分が表示されます。


初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語