韓国語学習支援サイト 

文法の特効薬【語尾】
Ⅰ-습니다 とⅡ'-ㅂ니다 について
 かしこまった丁寧な終止形の語尾であるⅠ-습니다 とⅡ'-ㅂ니다 について若干の補足を行います。

 小学館『朝鮮語辞典』の巻末にある「用言活用表」では語尾 -습니다 、-ㅂ니다 が2類に分類されています。
すなわち「基本形から다を取り除いた形にそのままつける語尾|ㄹ語幹の場合はㄹが脱落する」という分類です。

 これは弊サイトでは「Ⅰ'」のように表します。

 -습니다 は子音語幹用言にのみつく語尾ですのでⅠ-습니다 としてもⅠ'-습니다 としても結果にかわりはありませんが、ㄹ語幹用言につかないことを考えればⅠ-습니다 とするのが妥当だと思われます。当サイトではⅠ-습니다 のように表示しています。

 ただし -ㅂ니다 の場合は、明らかに 먹읍니다 などの形があり得ますので、Ⅰ'-ㅂ니다 ではなく、当サイトではⅡ'-ㅂ니다 のように表示しています。
しかしこれも、現代の朝鮮語では母音語幹用言と ㄹ語幹用言にだけつけて使われる語尾ですし、母音語幹用言と ㄹ語幹用言の第Ⅰ語基と第Ⅱ語基に形の違いが通常見られないことを考えれば結果は同じです。

詳しくは「日録 2006.10.10」を参照してください。

初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語