韓国語学習支援サイト 

文法の特効薬【語尾】

 意味は同じでも、つく品詞によって形が異なる語尾があります。
おおむね「動詞・存在詞のグループ」と「形容詞・指定詞のグループ」で語尾の形が異なり、過去Ⅲ-ㅆ- と意思推量Ⅰ-겠- の後では品詞にかかわりなく「動詞・存在詞グループ」と同じ形の語尾がつくという傾向にあります。
ただし、語尾によって若干の差違が見られます。とくに存在詞に関して揺らぎが見受けられるのが印象的です。

品詞によって形が異なる語尾
語尾 / 品詞 動詞 存在詞 形容詞 指定詞 全用言
過去
Ⅲ-ㅆ- の後
意思推量
Ⅰ-겠- の後
連体形 Ⅰ'-는 Ⅰ'-는 Ⅰ'-는 (Ⅰ'-는)(1)
Ⅱ'-ㄴ Ⅱ'-ㄴ (Ⅱ'-ㄴ)(2) Ⅱ'-ㄴ Ⅱ'-ㄴ
Ⅱ'-ㄹ Ⅱ'-ㄹ Ⅱ'-ㄹ Ⅱ'-ㄹ Ⅱ'-ㄹ Ⅱ'-ㄹ
文中の
疑問
Ⅰ'-는지 Ⅰ'-는지 Ⅰ'-는지 Ⅰ'-는지 Ⅰ'-는지
Ⅱ'-ㄴ지 Ⅱ'-ㄴ지 Ⅱ'-ㄴ지
Ⅱ'-ㄹ지 Ⅱ'-ㄹ지 Ⅱ'-ㄹ지 Ⅱ'-ㄹ지 Ⅱ'-ㄹ지 Ⅱ'-ㄹ지 (3)
前置き Ⅰ'-는데 Ⅰ'-는데 Ⅰ'-는데(4) Ⅰ'-는데 Ⅰ'-는데
Ⅰ'-ㄴ데 Ⅱ'-ㄴ데(4) Ⅱ'-ㄴ데 Ⅱ'-ㄴ데
下称形
疑問(5)
Ⅰ'-느냐 Ⅰ'-느냐 Ⅰ'-느냐 Ⅰ'-느냐 Ⅰ'-느냐
Ⅱ'-냐 Ⅱ'-냐 Ⅱ'-냐
詠嘆(6) Ⅰ'-는구나 Ⅰ'-는구나 Ⅰ-구나 Ⅰ-구나
Ⅰ-구나 Ⅰ-구나 Ⅰ-구나 Ⅰ-구나 Ⅰ-구나 Ⅰ-구나
※表をスワイプすると隠れている部分が表示されます。

  • (1)  意思推量Ⅰ-겠- につくⅠ'-는
     意思推量Ⅰ-겠- には連体形はつかないのが原則であろうと思われます。
    ところが、「知らない人 모르겠는 사람 」のような例があるにはあります。通常は単に모르는 사람 となるべきところです。過剰な適用がなされたのではないかと思われます。
  • (2)  存在詞につくⅡ'-ㄴ
     過去連体形としてのⅡ'-ㄴ は、있은 ・ 없은 のように存在詞について使われることは特殊な場合(法律の条文など)を除いてありません。
    一般的には 있던 / 없던 、있었던 / 없었던 のように、Ⅰ-던 / Ⅲ-ㅆ던 が存在詞の過去連体形として使われます。
    また、계시다 に限っては、계시는 と 계신 の両方の用例が見られます。
  • (3)  意思推量Ⅰ-겠- につくⅡ'-ㄹ지
     「(推量として)どうなるのか、どうするのか」という文中の疑問としてのⅡ'-ㄹ지 は、推量としての意味合いがだぶるためか、意思推量Ⅰ-겠- には通常つきません。
    「お分かりになるだろうかわからないにしても 아시겠을지는 몰라도 」のように無理矢理なくどい表現としては使えなくはなさそうです。
  • (4)  存在詞 계시다 につくⅡ'-ㄴ데
     存在詞には通常Ⅰ'-는데 がつきますが、계시다 は、계시는데 と 계신데 の両方の用例が見られます。
    있다 ・ 없다 は 있는데 ・ 없는데 の形だけです。
  • (5)  下称形の疑問
     上記の表のようにつけ分けるのが本筋と言えますが、実際には品詞、過去、意思推量を問わず一律にⅠ'-냐 の形で使われることも多くあります。
    詳しくは Ⅱ'-냐 のページの下段 を参照してください。
  • (6)  存在詞につく詠嘆形
     辞書的には存在詞 있다 と 없다 にはⅠ-구나、계시다 にはⅠ'-는구나 がつくことになっています。
    これで間違いないのですが、逆に 있다 と 없다 にⅠ'-는구나、계시다 にⅠ-구나 がつくケースも無視できないだけのオーダーに昇っています。ネット上では 계시는구나 よりも 계시구나 の方がより多く検索にヒットするのが現状です。
初級から先の朝鮮語  初級までの朝鮮語・初級からの朝鮮語